吹き出物 漢方薬

大人のニキビ・吹き出物・肌荒れに効く漢方薬とは?

ニキビによい漢方薬があると聞きました。成分、効能、どこで入手できるかも知りたいです。

東洋医学での「ニキビ」のとらえ方

東洋医学では、ニキビなどの皮膚の炎症は「熱」と考えます。
東洋医学での治療では、その熱を抑えることを目的に「清熱剤」を用います。
清熱剤にもいくつか種類があり、用いる清熱剤は、その人の症状や体質を診て処方されます。

ニキビ治療に用いられる代表的な漢方とは?

ニキビの治療で用いることが多い漢方薬には、次のようなものがあります。
・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
・枝茯苓丸加苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
・十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
などなどです。
清上防風湯は、赤みのあるニキビに特によく聞くとされている漢方です。顔の熱や炎症をとり、皮膚病の病因を発散させる働きがあります。
当帰芍薬散は、血行をよくして体をあたためてくれる作用があります。貧血などの症状も和らげてくれますし、ホルモンバランスを整える効果も期待できるので、女性特有の生理前のニキビなどにも効果を期待できます。
荊芥連翹湯は、体の熱や腫れを取る効果があります。病因を発散させ、血液循環をよくしてくれますので、ニキビだけでなく蓄膿症や慢性鼻炎、たんがからむ扁桃腺炎・風邪などにも効果的です。
枝茯苓丸加苡仁は、お血(おけつ)を改善してくれる漢方です。お血とは、血液が汚れていたりして、血行不良の状態を言います。いわゆるドロドロ血というやつですね。
そうした血行不良の状態を改善し、熱のバランスを整えることで、のぼせや冷えを改善し、炎症をしずめてくれます。
血行が良くなれば肌の状態も改善しますので、ニキビや肌荒れ、しみなどにも効果があるとされています。
この漢方は、どちらかというと女性向けです。体格がしっかりしとしており、赤ら顔の人に向いています。
桃核承気湯は、うっ血などを改善する桃仁と大黄が主薬ですので、血行促進や邪気、お血を取り除くことができる漢方です。油分も含まれているので便が出やすくなるという効果もあります。

十味敗毒湯は、荊芥や甘草などが配合されているため、これらの生薬が持つアクネ菌に対する抗菌作用により、ニキビに効果があると考えられてきましたが、細菌の研究ではこれだけではなく、配合されている桜皮が、皮膚のエストロゲンの分泌を促進してくれることにより、ニキビに有効ということもわかってきたそうです。
私もニキビの状態がとても悪い時期に漢方を飲んでいました。その時は、清上防風湯をメインにしていました。
漢方薬は副作用がなく、緩やかに効果が表れるものですので、飲み始めてすぐに改善するということはありませんが、体質そのものが変わってくるので、ニキビのできにくい体質になることができると思います。
漢方も上手に取り入れて、根本的なニキビ対策をしたいものですね。

大人のニキビ・吹き出物・肌荒れに効く漢方薬とは?関連ページ

顔の吹き出物やニキビに効く塗り薬とは?
顔の吹き出物ができた時に効果のある塗り薬を紹介します。
大人ニキビに効くホルモン治療とは?
大人のニキビ治療で行われるホルモン治療を紹介します。
【保険適用外】ニキビ跡を目立たなくする最新治療法
ニキビが治っても、跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡の治療法を紹介します。参考にして下さい。