白ニキビ 赤ニキビ

白ニキビから赤ニキビ・4つのニキビを正しく理解

ニキビにはいろんな種類があるんですね。白ニキビ、赤ニキビ、のうほうせいざそう、のうしゅせいざそう、の違いを教えて下さい。

ニキビの種類について詳しく知ろう!

ニキビにはさまざまな種類があるって、ご存知ですか?
そのニキビそれぞれに合ったケアをしないと、なかなか良くならないどころか、かえって悪化させてしまうということにもなりかねません。
まずはその種類について、知ることから始めましょう。

 

・面ぽう
面ぽうは、毛穴に皮脂が詰まって粟粒程に盛り上がったもののことを言います。
コメドとも呼ばれています。
面ぽうは、毛穴がふさがっていて、ぶつぶつが白く見えるものを白ニキビ、毛穴が開いて先端が黒く見えるものを黒ニキビと言います。
炎症がまだ起こる前なので、このまま何事もなく治ってしまう場合もありますが、悪化することも多いので、普段のケアが非常に大切となります。

 

・丘疹(きゅうしん)
毛穴の中でたまった皮脂を栄養源にしてアクネ菌が繁殖し、炎症が起こって赤くはれ上がった状態のニキビのことです。
通称赤ニキビとも呼ばれています。
活性酸素によって、皮脂の酸化が進むと、更に炎症が悪化してしまいます。

 

・膿疱性?瘡(のうほうせいざそう)
面ぽうの状態から炎症がさらに進むと、赤みを増したり熱をもった状態になります。
この化膿したニキビのことを膿疱性?瘡(のうほうせいざそう)と呼びます。
膨らんだ中に白く見えるのは、膿を持っている証拠。
つぶすと後になってしまうので、くれぐれもつぶさないようにしましょう。

 

・嚢種性?瘡(のうしゅせいざそう)
嚢疱性?瘡が更に進んで、毛穴周辺の組織が破壊され、かなりの痛みを伴う炎症が起こっている状態をこう呼びます。
別名硬結ニキビ(こうけつにきび)とも呼ばれ、皮膚の下に硬いしこりのようなものが出来ます。

自己流ケアはしないで!

ニキビの進行過程は、面ぽう→丘疹→膿疱性?瘡→嚢種性?瘡と4つの症状を経て、進行していきます。
面ぽうの段階で自然に治ってしまうこともありますが、
膿疱性?瘡や嚢種性?瘡まで進行してしまうと後が残る可能性も高くなります。
腫れて、痛みが伴う膿を持ったら、自己流のケアは即座にやめて、
専門医を受診するようにしましょう。
ニキビを繰り返さないためにも、大切なことです。

それでも面ぽうが出来てしまったら・・・

普段から気を付けていても、生活習慣の乱れやストレスなどにより
面ぽうが出来てしまうことはありますね。
そんな時は、極力肌を清潔に保ち、顔周りは触らない、髪の毛はまとめるようにするなどをして、
ニキビを刺激しないように気を付けて生活を送りましょう。
もちろん、ニキビをつぶしてはいけませんよ。
また、野菜や果物もしっかり取って、栄養面から見直すことも非常に重要です。

 

ニキビ女性

\ニキビ・吹き出物を治す2つの方法/

1.塗り薬を使い治すのが一般的。代表的なお薬はコチラ

2.ニキビの原因となる生活習慣を改める。女性ホルモンに注目する方法

白ニキビから赤ニキビ・4つのニキビを正しく理解関連ページ

あごのニキビ・吹き出物の原因は?できる場所別の原因と対策
あごに吹き出物やニキビが出来た時に役に立つ豆知識を紹介します。
大人ニキビと10代の思春期ニキビの違いとは?
大人ニキビと思春期ニキビについての豆知識を紹介します。
月経周期に合わせたニキビ対策まとめ
月経周期とニキビの関係を説明します。生理前にニキビや吹き出物ができやすくなる方必見。
ニキビ予防のための洗顔法・まとめ
ニキビや吹き出物ができないための洗顔方法をまとめました。
大人のニキビができなくなるサプリとは?
大人になってもニキビができてしまった場合のサプリメントの選び方のコツを紹介します。
花粉症で肌荒れ・ニキビが悪化した時の対策まとめ
花粉症の季節に肌荒れになった時に参考になる豆知識をまとめました。参考にして下さい。
吹き出物とおできは違うのですか?
吹き出物とおできについて説明します。皮膚にできるにたような病気ですが違いますよ。
頭皮にできた吹き出物が治らない原因
頭皮にできた吹き出物が治らなくて困っている方のために、吹き出物と頭皮の関係を調べてみました。