敏感肌 ニキビ

化粧水がピリピリしみる敏感肌のニキビケアとは?

ポーラで肌チェックをしたら敏感肌と診断されました。敏感肌とはどのような状態、特徴があるのでしょうか。敏感肌のスキンケアの方法を知りたいです。また、フェイスラインのポツポツできるニキビや吹き出物を何とかしたいのですが、何かよいアドバイスをお願いします。

敏感肌とは?

バリア

敏感肌というのは、季節の変わり目など肌のバリア機能が弱まった時に、一時的にトラブルを起こしやすい肌のことを言います。

角質層は肌のバリア機能をつかさどっていて、体を外部からの刺激や異物の侵入から守っているのですが、肌が乾燥して水分や皮脂が不足している状態ですと、角質がはがれおち、角質層にある天然保湿成分因子やセラミドなどの保湿成分が流出してしまいます。
すると、細胞同士の隙間が大きくなって、外部からの刺激を受けやすくなります。肌の表面は荒れ、細かい傷がついている状態で紫外線や化粧品などの刺激が侵入しやすくなり、肌荒れを起こすというわけです。
こうなってしまうと、表皮のターンオーバーが速まって、未完成な角質細胞が増えて保湿成分の生成も不十分になるために、バリア機能が弱まります。
そしてまた肌が更に乾燥して荒れるという悪循環に陥ってしまいます。

敏感肌のお手入れ方法

敏感肌の人の皮膚は、角質層が水分を保つ力や皮脂量が不十分なために、バリア機能が低下していて、刺激に弱い状態になっています。
ですので、バリア機能を回復させるようなお手入れをする必要があります。それには何より、肌の乾燥を防ぐこと、これが重要です。
洗顔は洗顔料をよく泡立て、泡で洗うようにやさしく洗いましょう。熱いお湯は避け、ぬるま湯でこすらずに流してくださいね。
ノーメイクの時は洗顔料は使う必要はありません。ぬるま湯で洗い流すだけでも汚れは十分に落とすことができます。
洗顔の後は保湿です。
たっぷりの化粧水をつけて水分補給をし、乳液→クリームの順番で塗っていきます。香料が入っているものは刺激になりますので、避けてください。

敏感肌なうえにニキビになってしまったら・・・

しっとり

肌が繊細になっているので、過剰なお手入れは逆効果。シンプルケアで直していきましょう!

ニキビが出来ているからと言って、皮脂の取りすぎはよくありません。付ける化粧水もさっぱりタイプのものではなく、しっとりタイプを使ってください。
しっかりと顔全体に潤いをしみこませたら、乳液でふたをすることも忘れずに!ニキビのある個所にはクリームを塗るのは避けたほうが無難でしょう。
敏感肌とニキビを治すためには、十分な睡眠も必要です。普段から十分な休息を取り、ストレスをためない生活を送るように心がけましょう。
あまりにも治らない場合は迷わず皮膚科へ。ひどくなってしまうとしわやシミの原因となりますので、専門医の指示を仰ぎましょう。


\大人ニキビ化粧品人気TOP3/

化粧水がピリピリしみる敏感肌のニキビケアとは?関連ページ

イチゴ鼻の毛穴の黒ずみを取る方法
小鼻の毛穴の黒ずみをなくす方法を紹介します。正しいケアで、きれいな小鼻を!黒ずみを見逃すな。
粉ふきカサカサ乾燥肌のニキビ対策と予防法
乾燥の季節はスキンケアでしっかり保湿をする必要がります。乾燥肌の方はニキビ、吹き出物になりやすい傾向も。乾燥肌のためのニキビ対策を紹介します。
脂性肌のためのテカリを防ぐスキンケアと小ワザ
脂性肌のための正しいテカリ防止の方法を紹介します。
敏感肌の特徴とお手入れのコツ
肌のタイプ別診断で敏感肌がありますが、敏感肌の特徴やスキンケアのコツを紹介します。
敏感肌のファンデーション選び
敏感肌がファンデーションを選ぶ時のコツを紹介します。
敏感肌が避けた方がいい化粧品は?
外部刺激に弱い敏感肌の方が避けたほうがよい化粧品を紹介します。
敏感肌で化粧かぶれしないためのパッチテストの方法
化粧品を使う前に行いたいパッチテストの方法を紹介します。
脂性肌の特徴とお手入れのコツ
脂っぽさが気になる脂性肌の特徴とスキンケアのコツを紹介します。
脂性肌の小鼻の毛穴の黒ずみと対策は?
肌質別のスキンケアが必要ですが、脂性肌の方の小鼻の毛穴ケアの方法を紹介します。
脂性肌の人が注意する3つの肌トラブル
脂性肌の方がスキンケアをする時気をつけることをまとめてみました。
乾燥肌の特徴とお手入れのコツ
乾燥肌の方がスキンケアする時の気をつけること、コツを紹介します。
乾燥肌の人が注意する3つの肌トラブル
乾燥肌の方が陥りやすい肌トラブルを事前に知っておくといいですよ。
混合肌の特徴とお手入れのコツ
混合肌の特徴とスキンケアするとき、注意するポイントを紹介します。
混合肌の場合のファンデーションのコツ(脂性肌と乾燥肌)
混合肌の方がファンデーションを使う時のコツ、選び方を紹介します。