乾燥肌 ニキビ

粉ふきカサカサ乾燥肌のニキビ対策と予防法

肌がカサカサするくらい乾燥しているのに、ほほからあごにかけて、ニキビができます。乾燥肌の特徴、何かよい、スキンケア対策、吹き出物ニキビ予防法を教えて下さい。

乾燥肌でもニキビができる理由

バリア機能

ニキビが出来るのは脂性肌だけじゃないの?と驚かれる方がいますが、乾燥肌でもニキビはできますし、それで悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

乾燥しているのにニキビが出来るって、一体どういうこと?たしかにイメージしにくいかもしれません。
そのメカニズムはというと、肌が乾燥する=肌のバリア機能が低下している状態ですので、そうすると肌がもっと頑張ってバリアしなければ!!と判断して、過剰に皮脂を分泌させてしまうんです。
過剰に出た皮脂は毛穴に詰まり、炎症を引き起こしてしまうと、ニキビとなります。

なぜ乾燥肌になってしまうの?

乾燥

乾燥肌になる原因には、いくつかあります。特に冬に肌がカサカサしやすいのは、寒さで皮脂や汗の分泌が減ることに由来します。肌表面の保湿機能が弱まって、カサカサ感のある乾燥した肌になってしまいます。

また、もともとの体質という方もいらっしゃいますね。生まれつき皮脂の分泌量が少なく、一年中かさついているというタイプの方です。
それから加齢によって、セラミドなどの角質細胞間脂質や天然保湿因子の生産量が減って、乾燥肌になっているということも考えられます。
しかし一番多い原因としては、普段のお手入れの仕方が間違っていて、感想を引き起こしているというパターンです。メイク落としの際に、クレンジングでごしごしとこすっていませんか?
洗顔の際に熱いお湯で洗っていませんか?

 

このようなお手入れを続けていると、メイクや汚れ以外の必要な皮脂まで落としてしまって、角質細胞間脂質の一部が失われたり、天然保湿因子も減少してしまい、 肌の潤いが損なわれてしまうのです。
そんな肌は、潤いがなくなった!と判断して肌はまた皮脂を出すようになります。その過剰分泌がニキビを引き起こしたり、毛穴のつまりにつながったりするので、無理やりな洗顔はあらゆる肌荒れを引き起こす原因となるということを、覚えておいてください。

乾燥肌のニキビ対策について

セラミド

乾燥肌でニキビに悩んでいる人は、まず皮脂を落としすぎない洗顔方法を覚えましょう。洗顔料はしっかりと泡立て、顔の上を泡で滑らせるように丁寧に洗います。洗い流す時は水かぬるま湯にし、熱いお湯は避けましょう。

そのあとの保湿も重要です。
ある程度保湿力のあるセラミドやヒアルロン酸配合の化粧水・乳液を選ぶようにし、部位に合わせて乾燥の強いところにはクリームや美容液を追加し、鼻回りなど皮脂分泌の多いところやニキビが気になっている部分には、油分を避けてお手入れするのがコツです。


\大人ニキビ化粧品人気TOP3/

粉ふきカサカサ乾燥肌のニキビ対策と予防法関連ページ

イチゴ鼻の毛穴の黒ずみを取る方法
小鼻の毛穴の黒ずみをなくす方法を紹介します。正しいケアで、きれいな小鼻を!黒ずみを見逃すな。
脂性肌のためのテカリを防ぐスキンケアと小ワザ
脂性肌のための正しいテカリ防止の方法を紹介します。
化粧水がピリピリしみる敏感肌のニキビケアとは?
肌トラブルを起こしやすい敏感肌のためのニキビ世用の方法を紹介します。
敏感肌の特徴とお手入れのコツ
肌のタイプ別診断で敏感肌がありますが、敏感肌の特徴やスキンケアのコツを紹介します。
敏感肌のファンデーション選び
敏感肌がファンデーションを選ぶ時のコツを紹介します。
敏感肌が避けた方がいい化粧品は?
外部刺激に弱い敏感肌の方が避けたほうがよい化粧品を紹介します。
敏感肌で化粧かぶれしないためのパッチテストの方法
化粧品を使う前に行いたいパッチテストの方法を紹介します。
脂性肌の特徴とお手入れのコツ
脂っぽさが気になる脂性肌の特徴とスキンケアのコツを紹介します。
脂性肌の小鼻の毛穴の黒ずみと対策は?
肌質別のスキンケアが必要ですが、脂性肌の方の小鼻の毛穴ケアの方法を紹介します。
脂性肌の人が注意する3つの肌トラブル
脂性肌の方がスキンケアをする時気をつけることをまとめてみました。
乾燥肌の特徴とお手入れのコツ
乾燥肌の方がスキンケアする時の気をつけること、コツを紹介します。
乾燥肌の人が注意する3つの肌トラブル
乾燥肌の方が陥りやすい肌トラブルを事前に知っておくといいですよ。
混合肌の特徴とお手入れのコツ
混合肌の特徴とスキンケアするとき、注意するポイントを紹介します。
混合肌の場合のファンデーションのコツ(脂性肌と乾燥肌)
混合肌の方がファンデーションを使う時のコツ、選び方を紹介します。