皮膚の病気

皮膚の病気対策記事一覧

イボが出てくる原因として一般的なのはヒトパピローマウイルスと呼ばれるものが影響しています。ヒト乳頭腫ウィルスと呼ばれることもあるこれが体の中に侵入すると感染していぼとなって出てくるので、予防する為にも常に清潔な状態を維持しなくてはいけません。このウィルスには100種類以上もありますから感染経路が複雑で、思わぬ所で出来てしまうこともあるので注意しましょう。特に免疫力が低下した時はウィルスの活動を抑制...

赤アザとは血管が増えてしまったことが原因で出来てしまう先天的な病気であり、血管腫とも呼ばれます。赤アザには単純性血管腫・サーモンパッチ・いちご状血管腫・海綿状血管腫といった様々な種類がありますから、まずは病院でどのような病気となっているのか確かめなくてはいけません。こうした病気の治療法は切除・植皮・冷凍治療といったのが一般的でしたが、これらの方法はある程度傷跡が残る為その点を考慮しなくてはいけなか...

一般的な青アザの原因は各部位にぶつかった時による衝撃が加えられたことによる内出血です。内出血を起こすことで血液が固まって後々で回復が始まった際に青く見えてしまうのが原因となっており、主に女性に多い症状なのです。またあまり体力がない方も青アザが出来やすいですから、定期的に運動を続けて内出血しにくい状態にすることは大切だと言えます。体をぶつけた覚えがない時であっても睡眠時に体を動かしてしまい壁にぶつけ...

ほくろの切除方法の中でも安全性が高く綺麗に消せるやり方はダイオードレーザーによる治療法だと言えます。ダイオードレーザーはメラニン色素に反応する効果がある光線ですから、ほくろに対して高い効果を発揮します。ダイオードレーザーは照射した瞬間にほくろが小さくなり、最終的にはかさぶたとなって剥がれ落ちることになるのです。また炎症後の色素沈着が少ない為後々でスキンケアを行う必要はありませんし、数回に分けて治療...

アテロームとは小さなしこりのようなものが見られるものであり、粉瘤と呼ばれることもあります。噴流が出来てしまう原因はまだ特定されていませんが、有力な説は毛根を形成している組織である毛漏斗に刺激を与えてしまったことだと考えられています。ここの部分に刺激を与え続けた結果毛包の部分が毛漏斗の細胞によって化生したことが原因だと言われており、それが影響して袋状の壁が形成されているのではないかと考えられました。...

アトピー性皮膚炎の症状は強い痒み・湿疹・肌全体がカサカサするといったものとなっています。痒みは主に関節や額といった所に感じられるようになっており、湿疹は耳や首のような部位に出来るので注意が必要となります。また肌全体が乾燥した状態に近いものとなりますから、アトピー性皮膚炎による症状が起きたと判断することは容易です。アトピー性皮膚炎による症状を治療したい時はまず自宅の環境を変えることが大切となります。...

化粧品かぶれの原因は肌のバリア機能が低下している状態で外部から刺激を与えてしまったことだと言えます。バリア機能は紫外線に当たり続けることで低下してしまいその状態で化粧品を使うとかぶれる可能性が高まる為、帰宅した際にはいきなり化粧水などを使うのではなくしばらくの間時間を置くのが良いです。その他の要因をまとめると頻繁に洗顔を行う・皮脂を取りすぎている・化粧水を使いすぎて角質層を疲弊させているといったも...

乾癬とは皮膚疾患の1種であり、白い垢のようなものが付着して剥がれ落ちる病気のことを言います。乾癬の原因に関しては今までは不明でしたが研究の結果皮膚の免疫機能が異常化し、それによって症状が出ることが判明しました。免疫に異常が起きる可能性が高い体質を有する方に強いストレスや内的な因子による影響が加えられると乾癬が起きるようになるので、症状が出ないよう毎日の生活習慣を改める必要があります。乾癬に対する効...

赤ら顔とは文字通り顔全体が赤く見える症状のことであり、原因としては皮膚全体の炎症が挙げられます。炎症が起きてしまう原因は外部からの細菌侵入や化学物質によるアレルギー反応となっているので、治したい時は根本的な原因を突き止めて元を断つ必要があります。特定の化粧品を使って赤ら顔になる時は商品に使われている成分に何らかの問題がある可能性が高いですから、症状が出た時はその道具を使わないようにしましょう。赤ら...

魚鱗癬とは魚の鱗のようなものが皮膚上に出てくる病気のことであり、尋常性と伴性遺伝性の2種類があるのが特徴です。どちらも遺伝性があり主に男性がかかる病気となっているのが特徴で、生後まもなく症状が出る時があるのです。冬の乾燥する時期になると症状が目立つ傾向にあるのですが、夏には逆に軽くなるといった特徴がある皮膚病となっています。治療を始める際にはまずは皮膚科に通ってどのようなタイプの魚鱗癬となっている...

ケロイドは傷が大きく盛り上がり痛みと痒みが伴う症状のことであり、ある程度個人差があるアレルギー症状となっているのが特徴です。ケロイドが出来る原因はピアスや手術による刺激だと考えられており、体質によって症状の規模は左右されることがあります。一般的な治療法は抗アレルギー剤を服用する・炎症を抑える塗り薬・ステロイド剤を付けた貼り薬となっており、毎日使用し続けることで症状を改善出来ます。抗アレルギー剤とし...

人工じんましんの原因は機械的な刺激を受けることで発生するのが原因となっており、時計のベルトや下着の締めつけが影響して起きる可能性があります。また金属類や何らかの道具を持ち続けた際にも起きることがありますから、こうした点に関しても注意しなくてはいけません。刺激を受け続けると肥満細胞の細胞壁の部分からヒスタミンと呼ばれる物質が遊離するようになり、血管の壁の透過性が高まってしまいます。これにより血管から...

寒冷じんましんの原因は寒さによる刺激を受けてヒスタミンが放出されるようになり、それが影響して血液が外に出されてしまいます。これのよりブツブツしたものが表面に出るようになってしまい、強い痒みを感じさせるので寒い環境に出る際には注意しましょう。こうした刺激は暖房の熱を浴びることでも起きてしまいますから、帰宅した際に室内全体を暖める為に空調設備を使う時も意識しなくてはいけません。簡単な対策法としては出来...

温熱じんましんとは暖房機や入浴などによる刺激が原因となってアレルギー反応が起きるようになる症状のことです。刺激を受けることでヒスタミン分泌が行われてしまい血管の壁の透過率が上がってブツブツした赤いものが出る症状となっており、強い痒みを感じるのが特徴です。温熱じんましんに関する簡単な対処法はぬるめのお湯に浸かるようにし、体温を上げすぎないことだと言えます。また暖房機を使う時も温度設定を低めにしておき...

とこずれとは褥瘡とも呼ばれているものであり、常に同じ部位に圧力が加え続けられることで血流が滞り必要な酸素が運ばれなくなるので、徐々に壊死する症状となっています。主に介護されている方々に多く見られる症状となっており、援助する際にはとこずれを意識することが大切となります。とこずれの簡単な予防方法は定期的に仰向けから横向けに変える・血行を改善する・隙間に生じるズレをなくすといったものとなるのです。体の位...

水虫とたむしの原因は白癬菌と呼ばれる糸状のカビが皮膚に寄生し、それが繁殖することで発生するのが一般的です。症状は白癬菌がどこに寄生してしまったのかによって違いがありますから、判別する際には部位の方も確かめなくてはいけません。例えば頭部に白癬菌が寄生するとフケが多くなり、一部分の毛が抜けて脱毛症の状態となるのが特徴です。足の部分に寄生されると水疱が出てくるようになってきてしまうのですが痒みを感じるこ...

尋常性白斑とは色素細胞であるメラノサイトが減少してしまい皮膚の色が白く抜ける病気のことを言います。メラノサイトは紫外線から体を守る為に必要となるメラニン色素を生成する役割を担っていますが、これが作られなくなると負担を軽減することがなくなり皮膚がんになる可能性が高まるのです。尋常性白斑には非分節型・分節型・未分類型といったタイプに分類されており、先天性と後天性とで原因が異なっています。先天性はメラノ...

口唇ヘルペスとは唇の部分に水ぶくれが出来てしまう症状のことであり、一度発症すると免疫が作られるので発症しにくくなるのが特徴です。統計データでは10人に一人が口唇ヘルペスになってしまっていることが判明しており、年齢が高くなるとそれに比例して感染率も高くなっています。近年ではこうした問題を解決する為に衛生状態の改善を意識して行っているので、口唇ヘルペスになる確率を下げられるようになってきているといった...

何らかのトラブルによってやけどを負った際にはまず冷たい水を当て続けるようにし、冷やすことが大切となります。こうするだけでもやけどの症状の進行を抑えられるようになり、痛みを軽減出来るので水道の水などを出して当て続けましょう。衣服を着ている部分にやけどを負った時はそのままの状態で水を当て続けるようにすることが基本ですから、こうした点も忘れないようにして下さい。無理やり衣服を脱がせてしまうと皮膚が剥がれ...

痒疹とは痒みを感じさせる湿疹が全身に出てくる症状のことであり、体液が滲み出ることがあるので注意します。こうした症状が出てしまう原因としては食材・免疫力の低下・無理なダイエットといったものとなっており、対策を始めたい時はまず日常生活を改善する必要があります。例えば食材に関してですが卵や牛乳といった食品はアレルギーを引き起こす可能性がありますから、料理の中に入れないようにすることが大切となるのです。ま...

あかぎれの原因は乾燥した状態が続くことで角質層の水分と油分がなくなってしまい、皮膚の弾力がなくなって最終的に新皮層にまで達することです。新皮層には毛細血管と神経が通っていますから痛みを感じるようになるので、こうした症状からあかぎれと判断することは容易です。またその他の原因としては気温の低下も関係しており、体温が下がると毛細血管が収縮されて血行が悪くなります。血行に影響が及ぶと細胞に栄養が行き届かな...

あせもとは汗の出口の部分が塞がれてしまい詰まっている状態が影響してブツブツしたもののことを言い、高温多湿な環境で発汗し続けることが主な原因となっています。あせもは首・肘・膝といった部位に出来やすく、常に肌と服が密着している腰の部分も発生しやすいので注意しましょう。簡単な対策法としては定期的に汗が溜まってきている部分を拭くことです。ハンカチやタオルといった道具を使って拭くことで穴の詰まりを予防出来ま...

太田母斑とは通常よりも深い所にあるシミのことであり、多くは顔面の片側に出ることが多い傾向にあります。通常のシミと比べると色が濃く判別することは容易となっています。シミは専用のレーザーを照射し続けることで治療出来るのですが、太田母斑は新皮に近い所にある為光線が届かず消せません。そこで研究の結果太田母斑専用の出力の高いスイッチ・レーザーと呼ばれる種類の光線が開発され、これを照射することで対策を始められ...

メラノーマは悪性黒色腫と呼ばれるものであり、皮膚がんの1種であるので出来てしまった際には早期に治療を受けなくてはいけません。人間の皮膚には黒褐色の色素を生み出す細胞が備わっており、ここの部分ががん化してしまったのがメラノーマです。メラノーマは一見すると形がほくろに似ていますが実際には底辺がギザギザした感じとなっており、サイズが徐々に大きくなるので素人でも判断することは容易です。直径7ミリメートル以...

天疱瘡とは原因がないのにも関わらず天疱が出来る病気のことであり、主に高齢者に多く発生する症状となっています。年齢的には70歳から90歳前後の方々に見られる病気となっており、稀に18歳以下の若年層に発生することもあるのが特徴です。一般的な対策法は副腎皮質ステロイドホルモンを使った治療を続けることで、テトラサイクリンといった薬と併用することで綺麗な状態に出来ます。ステロイドのみを使った治療では薬の量を...

乾癬は慢性の皮膚疾患であり白色のフケのようなものが皮膚上に出来てしまい、剥がれ落ちる皮膚の病気のことです。日本国内の患者数は10万人程度と考えられており、毎日の生活習慣を改善することが対策に繋がります。ストレスを発散させる・食事のバランスを整える・乾癬の部分を引っ掻かないといった点を意識することで少しずつ乾癬を治療出来るようになるので、このような点を意識して生活を送りましょう。基本的な治療方法は外...

水疱症とは皮膚に水ぶくれが出来てしまう病気に対する総称のことであり、免疫の異常と遺伝子の影響による2種類に分けられています。免疫の異常による水疱症は体の中に侵入した細菌を撃退するシステムが何故か人体を構成している組織にまで攻撃を加えてしまい、それによって水ぶくれが出来るのです。また人体を構成している遺伝子が変化してそれが影響して皮膚が上手く構成されなくなり水疱症となる可能性もあるので、適切な治療を...

赤ちゃんのアトピー対策として有効的な方法はまず保湿剤を塗ってあげることです。保湿剤を塗ることで肌に潤いを与えられるのでバリア機能を維持し続けられるようになり、外的要因による刺激を軽減出来ます。1日三回程度塗り続けることで肌全体の調子を整えられるようになりますから、事前に予備の分も含めて保湿材を購入しておきましょう。アトピー症状は基本的に体温が上昇することで悪化しますので、お風呂に入れる時はややぬる...

とびひとは細菌が皮膚に感染することで水ぶくれや爛れといった症状が起きる病気のことであり、他人にも移る可能性があるので注意しましょう。衛生環境が整えられていなかった時代では一人が発症すると他の方々もいっせいに症状が出てきたので、火災が他の家に燃え移るイメージからとびひと呼ばれました。日常生活におけるとびひの対策法は毎日体を清潔な状態に保つことです。シャワーを浴びるだけでも体中に付着した雑菌を洗い流せ...

掌蹠膿疱症とは皮膚病の1種であり、手や足の裏に膿疱と呼ばれる膿が溜まった袋が出てくるのが特徴です。膿の中には細菌はいませんので手足から別の部位に移ることはありませんが、自力で膿を出そうとすると菌が増えて痛みが強くなるので触れないようにして下さい。一般的な症状は強い痛みとなっていますが、出来てしまった部位によっては関節炎となる可能性もあるので早期に治療を行うことは大切です。基本的な治療法はステロイド...